輸入住宅通信


換気ガラリは、飾りだけ?
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 家の妻壁にカマボコ型や丸型デザインで取り付けられている換気ガラリ。英語で言えば、ゲーブル・ルーバー。換気ガラリと言っても、私たち ホームメイドが使うのは換気機能がない単なる飾りのものを使います。とんがった妻屋根の下にこうした飾りが付いていると、アメリカンな感じがしますよね。本来の目的は換気ですから、家の屋根裏空間に籠った熱や湿気を逃がす役割があるのですが、鎧戸状になった形状では、強い雨風の際には逆にそこから雨が入り込む恐れが生じます。そういうことを知っていればいいのですが、とある輸入住宅ビルダーの建築した建物では屋根裏の通気が出来るように、実際に換気が可能なガラリが付けられているのです。多分、その建築屋さんの家の全てで、換気機能付きのものが付いているでしょうから、屋根裏からの雨漏れが発生しているように思います。実際に私もう屋根裏に上がって状況を見ましたが、壁の内側を濡らす程の量が入り込んでいたのです。屋根裏は、通常では部屋として利用しないでしょうから、雨漏れに気付くことはすぐにはありません。相当雨が入り込んで、2階の壁や天井に雨染みが付くか、カビが出てくるかして、初めて雨漏れに気付くのです。最初は屋根からの雨漏れを疑うのでしょうが、そうではない場合は妻飾りや屋根の軒裏からの漏水もチェックして下さい。ただ、屋根裏空間の換気を取らないで、ガラリだけを塞いでは別のトラブルが起こりますから、注意が必要です。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/19  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

今日の交換作業は厄介でした
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 今日、お昼頃に豊田市の現場で収納用の折れ戸、バイフォールド・ドアの修理をしてきました。写真のように、扉の上枠に付いている金属のレールは、変形してしまい長いこと使いものにならない状態だったと思います。恐らくドアを開こうとした際に、何かが引っ掛かるようなことがあって、それを無理に開けようとしてレールが曲がってしまったのでしょう。勿論、それが一度だけであれば、これだけ変形することはないでしょうが、何度も引っ掛かるような状況があって、どんどん悪くなっていったと思います。こちらのレールは、古いタイプのレールで立ち上がり部分が浅めで、変形しやすい形状であったことも不具合を大きくした原因です。これらの金物の他に、ドアの先っぽにはローラー・ピボットと呼ばれるものが付いていたと思いますが、それは既に失われていました。今回、これを新しいタイプのものに交換したのですが、これが考えるよりも大変な作業でした。それは、開口部の高さが標準的な寸法よりも低く、普通のやり方ではドアに取り付けたピボット類が高い位置にき過ぎて、レールの中にピボットが入ってくれないというものでした。また、ドア本体にピボットを取り付けるのですが、ドアに明いた穴が長年の使用で直径が大きくなっていたので、そのままではピボットがグラグラになってしまいます。仕方がないので、穴に補強材を入れてピボットを差し込み、グラつきを抑えることに成功しました。また、レールにピボットが入らない問題は、何度かドアの左右の位置を調整しながら、ドアを斜めにするなどして何とか組み込むことが出来ました。それにしても、よくこんな寸法で最初にバイフォールド・ドアを入れたものです。まあ、こんな納まりだったから、破損したのかも知れませんね。多分、他の人では、今後これを入れ替えたり修理したり出来ないでしょうね。いや~、勉強になりました。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/18  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド
グラスウールは袋詰め
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 先日、作業をする為の資材を買いにホームセンターへ行きました。マスキング・テープや梱包用テープ、網戸交換の道具などを購入したのですが、そんな時目に留まったのがグラスウールの断熱材。ビニールの袋に詰められて、掛布団のように丸められた形でたくさん積まれています。私たちは、セルロースや天然ウールといった自然素材の断熱材しか使いませんから、こうしたものを記事に取り上げることも殆どありません。ただ、多くの住宅メーカーや工務店は、自然素材の断熱材なんて全く使いませんから、グラスウールは皆さんにとって馴染深いと思います。グラスウールは、柔らかい綿のような手触りですから、一見気持ちいい素材のように思うかも知れませんが、元々ガラスという素材ですから、細かなグラスウールの繊維が服に付いたり、体に付いたりすると肌を刺激してチクチクします。そして、喉や鼻に入ってしまうと咳き込むこともしばしばです。また、ガラスですから水や湿気を吸うということもありません(表面張力や毛細管現象でグラスウールの表面に留まるだけです)。そういう状態になると、グラスウールの断熱性能は急激に低下してしまいますから、壁の中に水や湿気が入らないようにべーパーバリアというビニールシートを張って壁の中を窒息状態にするのです。勿論、完全な気密空間を作ることは難しいですから、中に入れるグラスウールもビニール袋に入れて口を塞がなければいけません。でも、壁の柱材は間隔が狭い場所や窓等が途中にあって、断熱材の袋をカットしなければばならない状況も存在します。そういう時は、大工さんが袋ごとグラスウールをカットして壁の中に入れていくのですが、カットした部分をそのままにして切りっぱなしというケースが殆どです。そういう状況にすると、壁体内結露が発生した場合、グラスウールに水分が滞留し乾燥した状況が失われますから、断熱性能が落ちるばかりか、カビやシロアリなどの繁殖を促す恐れも生じます。また、水を吸うと重くなりますから、ホチキスで留めたビニールが外れて、壁の下の方に脱落してしまうことも多いのです。安くて手軽な素材ですから、家をお値打ちに造るということには貢献しますが、ちゃんと施工しないと断熱性や健康にも影響が出ますから、気を付けたいものですね。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/17  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド


果たして、開閉金物の交換だけで直るのか?
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 三重県のお客様からローウェン(Loewen)の開き窓であるケースメント・サッシが開閉出来ないとの連絡を頂きました。何でも一度開けると閉めることが出来ないので、修理をしたいとのことでした。通常、クランクハンドルを回しても、建具(障子)が動いてくれないという場合は、ハンドルの奥につながっているオペレーターギアが摩耗して空回りしているというのが不具合の原因です。ただ、そうなってしまうその先の原因が、何某かあるはずです。それは、窓が開いている時に強い風に煽られてギアが傷んだとか、窓がしっかり閉め切らないので無理にハンドルを回したとか、ということです。最初のケースであれば、オペレーターを交換すれば直ると思いますが、後のケースでは建具の水平・垂直が取れていないかも知れません。その場合、建具を窓枠に組み付けているウィンドウ・ヒンジが曲がっていたり、建具の木部が腐っていて金具が外れていたりするケースもあります。こういう時は、窓を一度開けてみて、建具の状況がどうなっているかを注意深く調査する必要がありますが、お客様自身でそれが出来るかどうかが問題です。場合によっては、私共が出張調査にお邪魔して、状況把握と部品のチェックをすべきと思いますが、少し費用が掛かります。でも、長い目で見れば、家の窓チェックをしてもらえる機会が出来ることは非常にいいことだと思います。そういうことをやれる人が少ないですし、今後の家のメンテナンスを考えれば、家の状況を把握したプロが存在することは心強いと思います。特に輸入資材という特殊な素材をメンテナンスしていくことは、信頼を置ける専門家との縁がなければ出来ることではありません。勿論、本当のプロかどうかは、やってもらえばすぐに分かると思いますよ。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/16  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド
水道管の漏れって、結構多いようです
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 先日、20年来のお客様から水道の配管から僅かに漏れがあって、水道企業団のサービスに来てもらったという連絡を頂きました。企業団は、普通の水道屋が持っているよりも優れた道具を持っているらしく音での調査をある程度正確に行えるとのことでした。企業団は、おおよそこの辺りではないかということをお客様に伝え、水道管の補修は水道屋にやってもらうようにと言っていたそうで、私の方で水道屋を手配してくれるようにとご依頼を頂きました。そこで、企業団が想定した辺りにあった埋込型の散水栓の水道管を確認し、その先の水道管に問題がないかチェックしました。でも、散水栓につながる水道管には特に問題は見られなかったので、散水栓の配管ではなく、建物の方に行っている本管部分が怪しいという結論になりました。ただ、それがどこに走っているかということは、再度企業団に調査してもらわないと正確な位置は分かりません。何せ駐車場のコンクリートを全て剥がす訳にはいきませんし、散水栓の脇にある擁壁の向こうとなれば、相当大掛かりに工事を行う必要が生じます。ただ、企業団の調査は、相当混み合っているらしく、何ヶ月も先になるかも知れないとのこと。企業団はここ日進市、東郷町、三好市、長久手町、豊明市をカバーしているらしいですが、それこそ毎日何軒も調査をしているということでしょうから、ほぼ毎日この限られたエリアのどこかで同様のトラブルが発生しているということになります。。水道管は、塩ビの管を接着剤でつないだだけという簡単な構造ですから、毎日水道の圧力が掛かっていればそのうち管の接続が抜けてくるというのは当たり前ですが、もう少し資材メーカーも考えた方がいいような気もします。そうそう、水道管の漏れは、ちょっとだからと放置してはいけません。そのうち完全に外れてしまうと、家の水道は全く使えない状態になりますし、水道屋もすぐに復旧は出来ませんから・・・。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/15  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド
腕のいい職人がいれば解決するのか?大手なら安心なのか?
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 台風で屋根材が飛ばされ、輸入サッシや外壁からも漏水があったお客様と、今後の計画について昨日打合せをしてきました。施工上のミスや選定した材料の特性、新築後のメンテナンスがうまく出来なかったといった複数の要素が重なったことと、強烈な台風の襲来といった自然環境の変化が今回不具合を起こした原因でした。お客様もこうした状況を不安に感じられているようで、思い入れを持って輸入住宅を建てたけれど、こんなことになるなら国産住宅で建てた方がよかったのだろうかとも考えておられました。ただ、屋根材が飛んだのは、釘打ちの位置が少し違っていたこともありますが、強烈な風の影響が主な原因と考えるべきでしょう。また、外壁からの漏水が疑われるクラックは、国産の塗り壁材の特性と施工の問題であって、輸入住宅だからという話ではありません。確かにアルミクラッド・サッシの木部が腐ってきているという問題はありますが、これも施工した工務店が防水の問題を正しく理解していなかったことと、適切なメンテナンスが行われてこなかったことが原因であって、このサッシの構造的な欠点は2次的な要素だったと思います。そういう意味では、材料選択・仕様・施工についていささかメンテナンスという部分に問題があったのであって、輸入住宅そのものに欠陥があるという訳ではないと思います。つまり、国産住宅を造っている大手住宅メーカーの家でも材料の特性を知らないで使用したり、設計上の問題を考えないで施工したり、間違った施工方法で家づくりをすれば、同じようなトラブルが発生しますし、実際そういった事例はNETを検索すればいくつも出てきます。ということで、お客様から私共の方にご相談を頂いたのですが、打合せの際に「ホームメイドではどういった職人や大工を使っているのか」というご質問を頂きました。私共は、輸入住宅という建物を新築・修理している関係上、輸入材を知らない下請けの職人や大工はお願いするのが難しいので、いつもお願いしている慣れた人にお願いしていますという回答をさせて頂きました。ただ、ここで気になるのは、新築時はまだしも他社が施工した家の修理メンテナンスする際は、既存の施工を見極め、不具合の原因とそこの現場に一番合った解決方法を取る必要があるということです。その現場にいくら腕のいい大工や職人を投入しても、使う材料の選択が間違っていたり、間違った施工の仕方や手順を指示したりすれば、それを正確に忠実に実行するのが彼らの役目です。勿論、腕のいい職人さんたちは、施工に最善を尽くすのですが、その根本が違っていれば、返ってそれがあだとなります。例えるなら、オーケストラを考えてみて下さい。いい演奏家を揃えても、いい指揮者がいなければいい音楽を奏でることは出来ません。指揮者が楽器の配置や演奏する人間の特性を考え、そこに指揮者が考える曲の概念やイメージとなるよう指導します。カラヤンや小澤征爾が指揮をするというだけで、コンサートに人は集まりますが、オーケストラや演奏家の名前は指揮者の名前程影響を与えません。(そうでない場合も、勿論ありますが・・)舞台演出のあの蜷川幸雄も、名前だけで満席でしたよね。高校の吹奏楽部や素人同然の役者を使っても、見事に作品を作り上げてしまうのは、指導者の実力と考えるべきでしょう。つまり、職人がいいに越したことはありませんが、そうした職人を上手にリードして、適切な材料で思い描いた修理計画を実行していくプロデューサーやディレクターの存在が最も大切であり、それが誰かによって仕上がりは大きく変わるように思います。家づくりでは、設計士や現場監督がその役割を果たす場合もありますが、大手を含めて質の高い人間はそれ程多くないというのが実情なんでしょうが・・・。因みに、ホームメイドでは私(村瀬)が原因調査から材料・職人の選択、計画の立案から施工まで全てを行う形を取っています。家づくりには、資材や施工に関する広い知識や深い経験だけでなく、センスや気遣い、コミュニケーション能力が必要ですが、そういう人はなかなか現場にはいないんです。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/14  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

なかなか勉強になりました
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド 昨日は、輸入資材を販売しているオスモさんが主催された雨漏りセミナーに伺ってきました。輸入住宅・国産住宅を問わず、家の雨漏れは多く発生しています。日本人の生活の変化や多様化、地球温暖化による強風・豪雨の頻発や夏の高温多湿、冬の豪雪や低温といった環境変化に建材メーカーや施工者たるビルダーも対応しきれていないとも言えます。そんな中、私以外にもこうした問題に正面から対処しようと試みる人はいるようです。いや~、勉強になりました。窓周りの開口部や外壁、そして屋根や軒との取り合いといった部分は勿論ですが、陸屋根(傾斜のない平らなパラペット・屋根)やベランダでも雨漏れによる構造の劣化は見逃せません。実際、私もここ1年の短い期間だけで何軒もバルコニーの床や手摺壁に問題を抱えたお宅を見てきました。バルコニーの壁の中に通気層を取っているにも拘わらず、その空気の出口や雨水を逃す排水の仕組みがない家もありました。また、そういった通気層を取らずに、防水シートの上にサイディングやモルタルを直に施工した直張りの構造は非常にリスクが高まることを全く知らない建築業者や設計者も多くいます。写真の日経ホームビルダーの表紙にも、バルコニーの手摺の上に付ける笠木を外した状況の写真が写っていますが、防水紙や捨て貼りされたサイディングの下の木がカビたり腐ったりしているのです。つまり、手摺壁の笠木部分は、通気の仕組みが必要ですし、壁に垂直に張る透湿性防水シートや吸水性のあるコンクリート製のサイディングを手摺の上に張ってはいけないということを暗に示しています。そういった問題点があるにも拘わらず、そうした施工を続ける施工者がたくさんいるし、その解決方法を知らないで単に現状復旧して終わりにするリフォーム業者ばかりです。やはり、原因と対策を明確にして、しっかりとした修理計画を立てるようにしないと、やっつけ仕事で直ったふりをするだけになってしまうと思います。確かにお金を出来るだけ掛けたくないという気持ちも分かりますし、安い業者がいればそちらでやってもらうというのが人情ですが、高い業者と同じ仕事をするかどうかは疑わなければいけません。愛着のある家に長く住みたいと考えるなら、しっかりした知識と経験のあるビルダーかどうかを見極め、ずっと面倒をみてもらうような関係を築くことこと重要かも知れません。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/13  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド
ここまで来ると、ドアが敷居に当たります
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド お客様からファイバーグラス製の玄関ドアのメンテナンスを自分でやりたいので、材料供給をして欲しいというご相談を頂きました。ドアの建て起こしの調整や劣化した塗装の塗り直し、ラッチやウェザーストリップの交換といったことも行う必要がありますが、全てやるのは結構高いハードルがあります。取り敢えず、ヒンジの交換がしたいということでしたので、写真をお送り頂いたのですが、噛み合わせの部分が擦り減って隙間が空いてしまっています。噛み合わせの心棒も錆びてきているようですし、ドアやドア枠に彫り込まれた部分とヒンジとがずれてきている感じです。この状態だと、ドア自体が下に下がってきているだけでなく、ドアがハンドル側に傾いてきているでしょうから、玄関ドアが敷居やドア枠に当たってしまい、開閉もスムースにいかないかも知れません。確かにご自身でメンテナンスをするおとはいいことですし、基本でもありますが、ルービックキューブのように複雑に絡み合った不具合をバランスよく調整していくのは、プロの私たちでも経験とノウハウが必要です。闇雲にやってみる前に、一度プロの仕事をよく観察してやり方や道具の知識を頭に入れてから、自分でやるのが一番な気もします。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/12  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド
空回りするローウェン社製オーニング・サッシ
住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド こちらは、随分前に交換部品の調達をご依頼頂いたローウェン(Loewen)社製のオーニング・サッシ。今回は、この窓の金物交換修理についてご相談を頂きました。関西地方にお住まいのお客様で、先日の強い台風の影響からか、開閉の為の金物類が破損して、クランクハンドルを回しても空回りして完全に閉まらなくなったということでした。確かに風が強い時に窓を開けていたりすると、建具が風に煽られてオペレーターギアが傷むということはあるようです。お客様は、風害による不具合ということで、火災保険を適用して交換費用を捻出させるということです。オペレーターギアやアーム、ウィンドウ・ヒンジやロック部品、ハンドルといった金物を全て交換する方向でお考えのようですが、交換する際は窓を下に落とさないように気を付けないと危険です。何れにしても、部品はそれ程難しくなく手に入るでしょうから、問題はありません。久しぶりの関西出張となりますし、窓から少し乗り出しての作業となりますから、少し気合いが入ります。輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートをして欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。全国どこでもご相談を受け付けます。尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつかご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。
2018/10/11  住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド


ブログ新聞maker
この新聞は ブログ新聞maker で作成しています。