L&LA山川天声の著書


L&LA山川天声の著書で自身の可能性を広げる
L&LA山川天声の著書は、みなさんが持っている「自分の可能性」をどれだけでも広げてくれると思います。人の面白いところは、見方や考え方がそれぞれ違うところです。しかし、見方や考え方には個性があるようにも思えますが、良い方向へも悪い方向へも導いてしまうということを知っておかなければいけません。目に見える部分だけで評価していると結局自分自身を追い詰め、行き詰まってしまうことになりかねません。その理由としては、目に見えない想いの世界には限りない可能性が存在しているからです。それぞれ見方や考え方が違うので、それは無限大にあるもので、自身の見方や考え方はちっぽけなものです。だからこそ、自身の考えに固執してしまうのではなく、臨機応変に、そして素直な心を持つことが重要なのです。客観的に物事を見ることができるようになれば、自然に今まで見えなかったものが見えてくるようになるはずです。偏った見方や考え方をしてしまうことは自分の可能性を小さくしてしまい、限界を決めてしまいます。そうならないためにも、自身の可能性を大きく広げるために、正しい心であり続けなければいけないのです。それができれば、自分の可能性は広がり、どれだけでも成長していくことができるでしょう。
2013/02/27  L&LA山川天声の著書

L&LA山川天声が教える心の健康促進
L&LA山川天声の著書では、幸せになるための仕組みや方法が紹介されており、本当の幸せを手にいれたい人には是非おすすめしたい内容です。みなさんは幸せになるために、「健康」が重要なポイントとなってくるって知っていましたか?「健康」な人は、常に元気で工場心を持っており、ハツラツと活き活きしています。ただ、勘違いしてはいけないのが、これは健康だから元気というわけではなく、毎日を活き活きと送ることができてきるからこそ、健康であるといった方が正しいと思います。その反対に、毎日をクヨクヨして送っていると不健康になります。つまり病気は、心のあり方が原因になると言えるのではないでしょうか?もちろん健康な体は食物の栄養と休養、そして「心の栄養」から得るものです。どれひつとかけていたとしても病気にはなりやすいのですが、特に心の栄養は目に見えないものだけに、この栄養を忘れてしまう人が多いようです。心の栄養とは、感動、喜び、楽しみなど、私たちの心を満たしてくれる感情です。この感情を常に忘れず、充実した生活を送ることができれば、心の栄養も取れて、本当の健康を手に入れることができるでしょう。
2013/02/22  L&LA山川天声の著書
L&LA山川天声から知る心の健康状態
L&LA山川天声の著書で「健康ですか?」という質問があります。確かに「健康」であることは幸せになるために必要なことかもしれませんね。しかし、実際はその逆で、幸せであることが健康につながるのです。どういうことかというと、1.肉体的に完全な健康状態であること2.精神的に完全な健康状態であること3.魂的に完全な健康状態であること4.社会的に活き活きと奉仕ができている状態であることこれら4つの項目を満たしている状態が本当の健康であり、単純に「病弱ではないとか、病気にかかっていないから健康」ということではないのです。これを踏まえて考えてみるとあなたの健康状態はいかがですか?特に3.4はこれから人として成長していこうと目標を持っている人にとって最大のポイントになると思います。「健康」な人は、いつもハツラツとして活き活きしています。それは本当の健康から考えてみると、健康だから元気というわけではなく、毎日を活き活きと送っているから健康であるといった方が正しいでしょう。つまり、物事をマイナスに捉え、ネガティブ思考だと、健康とは言えないことになるのです。心の健康、そして体の健康は、長生きするためにも、幸せになるためにも必要なポイントです。今の自分の本当の健康状態を確認し、先ほど紹介した4つの項目の中で自分に欠けているものを再確認してみるといいでしょう。
2013/02/17  L&LA山川天声の著書


L&LA山川天声から学ぶ心の栄養
あなたは今、「健康」ですか?健康への意識が高い現代では、健康に関する会話や健康促進のグッズなどを見かける機会が多くなってきたように感じます。ここでひとつ疑問なのが「健康」とはどういう状態を指すのでしょうか?ということです。多くの方々が健康とは「病気や怪我」に関わらないことである、と考えているかもしれません。私もL&LA山川天声の著書に出会うまでは同じ考えでした。しかし、それは間違いなのです。実は「この状態が健康」という健康についての世界統一の基準が存在することをご存知でしょうか?WHO。そう、世界保険機構では、健康についてこのように定義しているのです。「健康とは完全な肉体的、精神的、及び社会的福祉の状態であり、単に疾病または病弱の存在しないことではない」肉体的、精神的、社会的に健康な状態であることが本当の健康のことを言うのであり、病気にかかっていないから健康というわけではないことがわかります。つまり、私たちは表面に現れる症状だけでなく、内面、心の状態についても考えていかなければいけないのです。悩みを抱えていたり、ストレスが溜まっていたりするなど、心に余裕がなければ、健康だということはできません。だからこそ、心に余裕を持たせるための「幸せの仕組み」をつくっていくことが必要不可欠となるのです。さあ、みなさんも「本当の健康」を手に入れるために、心の成長に努めてみましょう。
2013/02/13  L&LA山川天声の著書
L&LA山川天声の著書で知る「幸せの仕組み」
L&LA 山川天声の辞書「幸せの仕組み」では、幸せになるために必要な様々なヒントが詰まっています。突然ですが、みなさんは幸せですか?そして、みなさんにとって幸せとはなんですか?恐らくこの答えは人によって様々であり、同じ回答があっても人によってその基準は異なってくると思います。つまり、人によって幸せを感じる瞬間や状況、環境は違うものであり、価値観も違ってくるのです。では、幸せとは一体なんなのでしょうか?人によって違うのであれば、幸せという言葉はあまりに範囲が広く、意味も曖昧になっているのではないか?と思うかもしれませんね。ただ、よく考えてみてください。幸せだと感じた時、みなさんの心はどういう状態でしょうか?そう、幸せな時は心が満たされた状態となっているんです。つまり、幸せとは心が満たされた状態のことを言うため、幸せになるには心をきれいにしておかなければいけません。心をきれいにするというのは、自身の悪い癖や見方、考え方などの悪い習慣を取っ払い、客観的に物事を見れるような状態にすることを言います。このように心をきれいにしていくことは、幸せの仕組み作りであり、非常に大切なことになってきます。みなさんも毎日、幸せを感じながら生きていけるように、まずは心をきれいにして自身の心の成長に努めてみてはいかがでしょうか?
2013/02/09  L&LA山川天声の著書
L&LA 山川天声の著書で学ぶ真の幸せ
L&LA山川天声の著書では幸せの仕組みや幸せになるための方法などを学ぶことができます。人間誰しも幸せでありたいと願い続けると思います。毎日の生活の中でつまずいたり流されたりしながらも、何とか幸せになりたい、なんとかしなければと思わない人はいないと思います。みなさんそれぞれ欲があり、願いがあると思います。それらはすべて自分が「幸せ」だと感じることができるからなのです。もちろん、幸せという言葉の基準は人それぞれで異なってくるため、一概に「幸せはこうだ」と表現することは難しいですが、今の時代自分のことを「幸せだ」と思っている人はそれほど多くないような気がします。良いことがあれば喜び、悪いことが起きてしまえば嘆く。そして良いことがあっても突然、悪いことは偶然、突然に起きるもの。あって当然のことよりも偶然の悪いことの方が多すぎると思ってはいないでしょうか?これは大きな間違いです。幸福も不幸もすべて自分が原因となって引き起こされているものです。ということは、みなさんが考えるのは「どうやったら幸せになれるのか?」「どうすれば悪いことは起きないようになるのか?」と考えると思います。実はこれらは簡単なことなのです。「幸福になる近道は自分を知り、自分を変えること」非常にシンプルなことなのです。しかし、この反対の行動を行ってしまえば一番複雑で困難なことになってしまうようです。そして多くの人は知らず知らずの内に、この困難な道を選んでしまっているのです。運命というものは、ほかの誰かが作るようなものではなく、自分自身が決めて運んでいっているのです。あなたの運命を決めているもの、それは「自分の見方や考え方」です。良い見方や考え方ができるようやなれば、良い結果、つまり幸せへと近づいていくのであり、悪い見方や考え方になってしまえば悪い結果になってしまうのです。簡単に言うと、ネガティブな人よりもポジティブな人の方が幸せに近づいているのは言うまでもありません。常に上昇志向で物事をポジティブに捉えることができれば、常に成長することができますし、自分に足りないものや欠けているものにも気づくことができます。気づくことができれば次は改善を行えばよいのです。それに対して反省を行い、それを繰り返していけば、自然にあなたはポジティブ思考となり、幸せになるための考え方ができるようになっていることでしょう。このように、L&LA山川天声の著書では、幸せになるための「法則..
2013/02/01  L&LA山川天声の著書



ブログ新聞maker
この新聞は ブログ新聞maker で作成しています。