42団ニュース


更新のお知らせ
こんにちは。ブログ管理人です。1月のカブ隊の記事を更新しました。
2016/02/13  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ

2016/1/24 カブ隊隊集会
隊旗も飛ばされるほどの風が吹き、気温は2℃。しかし、快晴に恵まれました。西日本に40年ぶりに襲来する大寒波の中での隊集会となりました。今日は組集会で頑張って作った20連の連凧をあげます。まずは早くに準備が整った2組の凧が、風に乗ってきれいに上がり始めました。比叡山をバックに少し踊りながらどんどん上がります。風が吹き続けているおかげで、凧は長時間あがりました。最後は糸が切れて飛んでいった凧が木にひっかかり、残念ながら終了。反対に一組は準備の段階で凧の糸が絡まり合い、ほどいてもすぐに風にあおられ、ほどく作業だけで30分以上もかかってしまいました。ほどいた後は、1組「つむじ丸」は風に気持ちよくのり、落ちることなく空高く上がり続けました。厳しい寒さの中でしたが、二組ともスカウト皆が協力しあい、見事成功。凧あげの後は、温かい飲み物や甘いお菓子をいただき、冷えきった体を暖めました。諦めることなく絡まった糸をほどき、強風の中、凧をうまく操れた一組に優秀組が送られました。
2016/01/24  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ
2015/10/25 カブ隊隊集会「君はカブの基本を知っているか!」
テーマ:君はカブの基本を知っているか!日時:2015年10月25(日)①7:55~10:00②10:00~15:30場所:①出町柳~戸寺~江文神社~②大原学舎(大原学舎にて親子プログラム:大燻製大会)今月の隊集会は、「カブの基本」をあらためて確認すると共に、京都のボーイスカウトにきた陰陽師からの「指令」の実行です。その指令とは、「昔妖怪が入りこまないようにはった結界が汚れにより、力が弱まってきた。結界は現在の京都一周トレイルへ引き継がれている。結界を守るため、結界の清掃をし、目印の「道標」の拓本を持ち帰って、11/1に全ての「道標」を合わせる」42団カブ隊は、大原の戸寺バス停から西に行くコースが割当っていました。ところどころに置かれた追跡記号をたよりに、清掃をしながらコースを進み、トレイルの道標を見つけると、組で協力しあい丁寧に拓本をとりました。江文神社参道までの短いコースでしたが、トレイルを行く人が気持ちよくハイキングしてもらえたらと思います。隊集会の後は、団活動「大燻製大会」に参加しました。ダンボールで燻製器を作り、基本食材の他に、ゲームでプラスアルファの食材をどんどん獲得していきました。カブ隊もゲームでは、頭を使い体も使い、よく頑張っていました。隊を超えて、リーダーや保護者の皆さんとも一緒に活動ができ、楽しい一日になりました。
2015/10/25  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ


2015/10/18 カブ隊組集会
テーマ:君はカブの基本を知っているか!日時:2015年10月18(日)10:00~12:00場所:吉田山今月は、「カブの基本」のおさらいです。それに合わせて、ソングは「カブスカウトだ」を歌いました。今日は、おさらいの前に、来週の団活動「大燻製大会」にあたっての予習です。燻製とは?保存食ってどんな物?などいろんな断面からのクイズに挑戦しました。組長が、保存食の大変な知識の持ち主で、いろいろと教えてもらいました。また、京都のボーイスカウトに陰陽師から「指令」が出された手紙がきたようで、42団カブ隊は、大原地域が割当らく、来週は、指令を実行してから、大燻製大会に行くことになりました。基本のおさらいでは、「やくそく」「さだめ」「モットー」「スローガン」の質問にも完璧に返答。ロープワークでは、連続して止め結びができる方法を橋元DLから教えてもらい、応用編を頑張ってやってみました。最後は、大縄飛びでチームワークの良さを披露してくれました。久しぶりの活動でしたが、スカウトはいつもと変わらず、元気いっぱいでした。
2015/10/18  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ
2015/9/12 カブ隊組集会「防災」
テーマ:防災日時:2015年9月12日(日)8:30~15:00場所:熊野神社~京都市市民防災センター~熊野神社9月のテーマは、「防災」。隊集会では、バスに乗り、京都市市民防災センターに行ってきました。ここでは、災害や防災に関わる様々なが体験ができます。震度7の地震体験、風速32mの強風体験、4Dシアターでの浸水体験、煙が充満した中の避難体験、消火器を使った消火体験など各コーナーでスカウト自身が身を持って体験するとともに、その時自分の命を守るためにはどうしたらいいのかを教えてもらいまいた。自由見学コーナーでは、救助用ヘリコプターの操縦や消火ゲームなど楽しむ中で学習もしていました。カレー味のアルファ化米の試食もあり、普段食べるご飯と何らかわりなく美味しいこと。体験を通じて、以前より防災意識が高まったスカウトたちでした。
2015/09/12  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ
2015/9/6 カブ隊組集会「防災」
テーマ:防災日時:2015年9月6日(日)10:00~12:00場所:吉田山まずはソング「光の路」。おなじみの歌なので、カブ歌集を見ずに歌えるスカウトも増えてきました。本日一つ目のプログラムは、ツナ缶でろうそく作りです。ツナ缶の真ん中に、工具で穴をあけ、細くまいたキッチンペーパーを差し込みます。風と雨の湿気で消えつつも、ろうそくは1時間以上燃え続けました。ろうそくでお湯を沸かしている間に、2つ目のプログラム、新聞紙で箱の器とコップを作りました。箱は、アルミホイルを敷けばお皿になります。紙コップは、中にビニール袋を入れると飲み物が入れられるようになります。お次は、3つ目のプログラム、危険予知を行いました。組ごとに分かれて、イラストの中に潜む危険を見つけ出し、みんなで言い合いました。どうすればその危険が防げるのかも、話し合いました。お湯が温まったところで、防災食の試食タイム。ろうそくに使ったツナはラスクと一緒に食べ、沸かしたお湯でコーンスープも飲みました。新聞コップは「飲みにくい!」苦労しながら飲んでいました。最後にキムスをやりました。みんなしっかり覚えて、しっかり違いを言い当てていました。
2015/09/06  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ

2015/6/28 カブ隊隊集会「世界の中の日本」
テーマ:世界の中の日本日時:2015年6月28日(日)①8:45~②10:30~14:30場所:①23WSJ壮行会(吉田山)②植物園今日は、23WSJに参加する7名の団の壮行会がありました。十分に思う存分楽しんで来てもらえるよう、みんなでエールを送りました。壮行会終了後は隊集会です。吉田山からバスで植物園に移動です。組集会では、吉田山の植物の観察やスケッチをしてきましたが、隊集会では植物園で世界の気候の中で育っている植物を観察します。植物園前園長の松谷先生が午前中一緒に活動してくださるということで、植物園に着くと迎えてくださいました。園内のハリモミやイチョウ、マツボックリ等、いつも身近に見ている植物も、先生から解説していただくとスカウトたちはじっくり観察し、触ってみたりと感触を確かめていました。温室内では、世界の気候の植物を勉強し、ミラクルフルーツを実際に食べさせてもらい、ミラクル?な味も体験しました。午後からは、組ごとに園内を散策し、ルドベキアやトケイソウのスケッチに挑戦しました。いつも以上に細部まで丁寧に仕上げるスカウトたちでした。松谷先生、今回は貴重なお時間をどうもありがとうございました。
2015/06/28  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ
2015/5/17 カブ隊組集会報告
テーマ:今年もまた「つり仙人からの招待状」日時:2015年5月17日(日)10:00~12:00場所:吉田山今月のテーマは釣り。今日は、釣りの準備2回目です。スカウトのおじいさんが40年前に釣ったという75cmの鯉の魚拓とこの鯉の鱗を見せていただきました。この快挙は新聞にも載ったそうです。自分たちにも大漁の予感がしてきたのではないでしょうか。どうもありがとうございました。ソング「狩りの歌」を歌った後は、今日の活動のメイン「釣りに必要な小物」作りです。「釣りに必要な小物」それは、びくをイメージしたとても素敵な携帯餌入れ。釣りをしていて餌をすぐに仕掛けにつけられるよう、自分たちの腰につけておこうと思います。木谷副長に丁寧に作り方を教えてもらいながら、スカウトたちは黙々と根気よく作業を進めていきました。うさぎスカウトも諦めることなく頑張り、最後まで編んでいくことができました。今日はここまで。後は、この編んだ籠に紐をつけ、切ったペットボトルを入れると完成です。
2015/05/17  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ
2015/5/10 カブ隊組集会報告
テーマ:今年もまた「つり仙人からの招待状」日時:2015年5月10日(日)10:00~12:00場所:吉田山今月のテーマは釣り。前回全く釣れなかったのですが、あきらめないでもう一度チャレンジします。まずはソング。獲物獲得にちなみ「狩りの歌」を皆で歌いました。次に、小鮎の生息する琵琶湖にちなんだクイズを組ごとに解答し、また、琵琶湖にはどんな魚がいるのかを博物館のチラシの写真でよく見てみました。小鮎以外にもいろいろな魚に出会えそうです。後は、チチワ結び、延べ竿の先端に釣り糸をつける実習です。意外にも悪戦苦闘のスカウトたち。ロープワークと一緒で、何度か練習すると釣り糸でもチチワが「8の字」でさっとできるようになるので頑張ってみよう。最後に、延べ竿におもりをつけた釣り糸をつけ、自分の思った的におもりを落とせるかの練習もしました。自分の背丈の2倍以上もある竿の取り扱いは、何とか上手くできるようになりました。皆で早く本物の小鮎を釣りに行きたいですね。次の組集会では釣りに必要な「ある小物」を作ります。こちらも楽しみですよ。
2015/05/10  よんにニュース 〜ボーイスカウト京都第42団の活動ブログ


ブログ新聞maker
この新聞は ブログ新聞maker で作成しています。