naga-yuのブログ新聞


長田雄次が思う愛とお節介の境界線
長田雄次は何不自由ない家庭ですくすく育った平凡な男です。学校では人並みの点数を取り、決して目立つことはなく、会社に入っても大して高い地位に就くことはなく伸び伸びと働いています。家族との仲は良好で、波風一つ立たないとはまさにこのことだと思っています。昨年10月、90秒という短い間に世界的に価値がある絵画7作品が盗まれるという事件がありました。犯人は今年の1月につかまり、しかしながら盗まれた作品は見つかっておりませんでした。調査の結果、ついに先日、その絵画の場所を突き止めることに成功しました。それは『この世にない』です。母親は、息子が逮捕され大事であると判断し、総額130億円にもなる芸術品と証拠となる品を暖炉で焼いたと詳述しました。知らべてみたところ、確かに灰の中からその成分が検出され、これが事実であることが判りました。裁判は8月ですが、いくら裁判をしたところで、失われたものが戻ってくることはありません。息子のことを大事に思うことはどの親でも同じでしょう。しかしながら、息子の罪を償わせない、隠そうとしてしまうのは親のする事ではありません。間違いを犯した際にそれを正してあげる勇気を親は持つべきなのではないでしょうか。正直、長田雄次は人の親になったことはありません。ですが、大人になった以上、誰かを導くことはあると思っています。であるなら、かくあるべき親について知っておく必要があると思うのです。長田雄次はこれを親の愛とは決して思えません。エゴだと考えます。皆さんはこのニュース、どのように考えますか?盗難に遭ったピカソらの名作7点、容疑者の母親が「焼却」
2013/08/06  流離の長田雄次ブログ

暑くなると人はおかしくなるものなのかと長田雄次は思案する
夏の暑さに頭がおかしくなっている人が急増していると、長田雄次は思います。先月の15日、とあるローソンである迷惑行為がなされました。アイス用の冷凍庫に入って寝転がった写真をFacebookにUPしたとのことです。夏の暑さに、冷凍庫で涼を取りたいと思う気持ちは判りますが、それを実践するというのは理性という箍が無い証拠ですね。正直、長田雄次が初めてこのニュースを知った時、アイスを食べる気力をなくしました。少なくとも、ローソンで買う気はしない…。この人が数分間涼を取ったがためにローソンという企業そのものが一体どれだけの損害を被ることになるのか、全く想像できませんね。しかもこれをやったのはこのローソンにフランチャイズ契約していたオーナーの息子。自分の家だから何やってもいいと思ったのでしょうか?当然のことながら、契約解約されてしまいました。しばらくお店は休業、再OPENの日程は判っていません。ですが、これだけ大事になってしまった以上、また新装開店してもここで商品を買おうとする人はいないでしょうね。ネットは自分の気持ちや情報を世間に簡単に公開できるため、このような大事になる事もよくあることです。ネットの利用をできない人だって同じです。理性の箍が外れてしまえば、存在そのものが迷惑な人間ににだってなりえるということを忘れてはいけないと長田雄次は思います。
2013/07/31  流離の長田雄次ブログ
長田雄次もダイエットをしています
長田雄次もですが、8月が間直となって全国的にもダイエットが本格化していると思います。好きな清涼飲料水は炭酸水と即答する長田雄次は、この時期になるとぐっとこらえてダイエットソーダを購入しています。ところがこのダイエットソーダ、実は普通の炭酸飲料より肥満や生活習慣病のリスクを高める可能性があることがアメリカの研究チームの研究の結果判ったそうです。ダイエットソーダなど人口甘味料を使う商品は現在多数存在します。この人口甘味料は体内や脳内の仕組みを混乱させたり、空腹感や甘いものを摂取する衝動を起こさせるなどの働きがあり、ダイエットや健康に悪影響を及ぼす可能性があるそうです。よって、人口甘味料を含むダイエットソーダばかり摂取する人が天然物の糖分を摂取した場合、インスリンが分泌されなくなるのです。インスリンというのは血糖値の調整をするホルモンのことで、そのため、通常の炭酸飲料より太りやすくなるんだとか。もし太らなかったとしてもホルモン分泌の異常を起こすので糖尿病などの生活疾患、脳卒中などのリスクを高めてしまいます。決して飲むのをやめろというわけではないですが、日常的な摂取は控えたほうがよいようですね。このニュースで人口甘味料の消費は低くなってしまうでしょうね。長田雄次も少し…考えさせてもらいましょう…。
2013/07/24  流離の長田雄次ブログ


女性専用車両について長田雄次が思うこと。
こんにちは、長田雄次です。女性専用車両、最近ではもはや普通のことになりました。生憎、長田雄次は女性専用車両とは真逆の車両にいつも乗っているので縁も何もありはしませんf(^^;ですが、最近は女性専用席のある図書館が出来ているそうです。これは本好きの長田雄次としては全く関係ない話とは言えない話です。女性専用…と言えば、食事処や映画館(レディースDAY)、ゲームセンターなどいろんなところにあるようです。では、男性専用という場所がはてさてあるのかどうか…?多少の不公平感を感じる男性も少なくないようです。ですが、長田雄次は少し違う意見を持っています。女性は美を追求する生き物です。男性が近づく事を嫌がるときもあるでしょう。そんな時にデリカシーのない長田のような男が近づいたらどうですか?女性はあからさまに逃げていくでしょう。その時、きっと長田はショックを隠しきれません。そんな事態になる前に女性の方から避けてくれた方がよっぽど精神環境的に穏やかです。確かに電車に乗っていても思うのですが、男のマナーの悪さはひどいと思う時があるんです。足をおっぴろげて、席を広く使って、新聞を大きく広げて…。女性の化粧や匂いも確かに迷惑に感じますが、化粧をする女性は女性専用車両に行けばいいんです。男は男専用車両に行って偉そうにふんぞり返るくらいしかやる事ないでしょう。でしたら男性専用車両なんていりません、と、長田雄次はそんな風に思います。片方にあって片方にない、という状態は不公平を感じるかもしれません。ですが、必要か否か、を考えると、やっぱりいいのかもしれません。
2013/07/19  流離の長田雄次ブログ
長田雄次が指摘する本当に怖い雷
7/8のいきなりの天気の崩れ、みなさん覚えていますか?長田雄次は家の近くの避雷針に落ちたので事なきを得ましたが、近くの信号機は停電してしまって渋滞になっていました。雷が落ちそうなとき、みなさんはどこに行きますか?最近は木の近くは危ない事が判っていますし、車の中が安全であることもわかってます。では、みなさんに質問です。金属製品を持っているのは危険でしょうか?…答えはNoです。むしろ金属製品を持っている方が安全である場合があります。金属を所持していると、万が一人体に雷が落ちてきても金属製品に電流が流れ、臓器には損傷を与えないなどのケースもあるようです。逆に言いますと、金属製品を持ってなかったとしたらそのまま内臓機能を破壊し、足を伝って地面に電気が流れていくでしょう。どちらが危険かと言いますと、一目瞭然ですね。それに金属も人体も通電のしやすさに関してはそう差異がないんです。そのためつけていてもいなくても、差はありません。むしろ危険なのは高い場所ですね。木や電柱など高いものの近くにはできる限り近寄らずに、背を低くして建物の中や避雷針のある建物の中に入る方が安心ですね。先日の雷は皆さんの近くに落ちませんでしたか?その時にけがをした方はいませんでしたか?都会では至る所に避雷針がありますので、けが人が出ることは稀です。ですが警戒心を緩めることなく的確に対応できるように常日頃から意識したいものですね。
2013/07/11  流離の長田雄次ブログ
長田雄次と霊峰・富士の今までとこれから
何かの一番になりたい…長田雄次です。先日、富士山が世界文化遺産に認定されました。日本人が大好きな富士山が世界に認められたわけですから、嬉しいのも当たり前です。7月に入り、山開きもされ、ご来光を拝んだ方も多くいることでしょう。ですが、ふと、考えてほしい事があります。なぜ、富士山が世界自然遺産に登録されなかったか、を。日本人の誰もが知るように、霊峰・富士には登山客によって多くのごみが廃棄されてきました。富士山の麓の青木ヶ原樹海は自殺の名所として有名です。また、富士に向けて放尿をするなど態度が著しく悪い事、人簿との態度など様々な要因がありました。これでは登録しようなんて到底不可能な話です。そのため、自然遺産としての登録を諦め、文化遺産として今回登録される運びになったのです。世界文化遺産は日本の信仰・芸術・文学・思想などに関わりがある必要があります。そして、日本は古くから富士山という恐ろしくも美しい山に魅了され、崇め生活してきました。この条件は十分に満たしていたのです。ですがだからと言って当初から問題視されていたごみをそのままにしたわけではありません。大量の不法投棄の撤去、ゴミ拾い活動の継続など、現在でもその活動は継続しています。今後、多くの観光客、登山客によって富士山が登頂されることでしょう。これを読んでいるあなたが富士山に登るかもしれません。そしてもしかしたら態度の悪い登山客がごみを捨てるかもしれません。そんな時、ゴミ一つでもいい、拾う優しさと、ごみを捨てることのない常識を持って挑んでいただきたいと思います。
2013/07/02  流離の長田雄次ブログ

長田雄次と悲しい事件の話
長田雄次、ついに半袖を完全解禁しました。先日までは夜の事を考えて長袖を持っていたのですが、今日はそれすらもいらないだろうということで半袖で出社しました!この調子で夏が来てしまうのでしょうか…?夏と言えば暑さのあまり「体が溶けてしまいそうだ」なんて言いますよね。それに関連してか、こんなニュースが今、世間を騒がしています。【Yahoo!知恵袋】 「大型犬が亡くなり、溶かして庭に撒く事に…水酸化カリウムはどこで手に入りますか?」の質問にネット騒然飼っていた犬がなくなったから庭に撒く、というのは聊か正常な判断力がないように思います。確かにそのようなサービスを提供している企業もあるでしょう。ですがそれを個人でやろうだなんていうのは正気の沙汰ではないと思います。それにところどころ犬の話をしているのでありながらまるで人のような発言が目立ちます。50㎏の大型犬。妻の親族に見つかる前に。骨も髪も溶かす。行方不明。火葬業者に頼めない事情。どれをとっても猟奇事件であるように思います。よく、yahoo知恵袋は釣りという、いわゆる出鱈目の内容を記入する人がいます。今回の質問もそれに該当する悪質なものであると考えるのが一番自然であると思います。ですが、本当にそうであるかもわかりません。日本の警察は事件であるとわかるまで動こうとはしません。今回もおそらく警察は動かないのではないと思います。そう思うと、知恵袋のページが消えてしまった今、この質問のその後は誰にもわかりません。世の中にはそのまま事件にもならずに闇に葬り去れられた事案がどれだけあるのでしょうか…。
2013/06/18  流離の長田雄次ブログ
長田雄次が思う世界の厄払い行事
長田雄次は独身です。なのでもちろん子供はいません。隠し子もいません。世界各国には子供の成長を祝う変わった祭りが沢山あります。日本で言うところの泣き相撲とかでしょうか?先日スペインのカストリージョ・デ・ムルシアではエル・コラチョというお祭りがありました。この行事は1620年から行われているカトリックの聖体祭の一環として、子供の厄を払う行事です。参加するのはこの日から12か月前までに生まれた赤ちゃんまで。まずは町の中を仮面をつけた悪魔役の男と聖体行列の一行が練り歩きます。この悪魔は時々町の住人を追いかけたり威嚇したりとやりたい限りの悪事を働きますが、聖体行列の一行は全く見向きもしません。悪魔の姿が見えていない、ということのようです。最後に協会についた悪魔は赤ちゃんの上をジャンプします。無事に飛び越える事が出来たら悪魔は去り、幸せな人生が送れるとされています。先ほど言いましたこの日から12か月前までという期間は子供にとって無防備で悪魔に憑かれやすい時期とされているため、悪魔よけの意味を持っているそうです。そのため、多くの地域の子供がこの時期になるとこの町に訪れるんだとか。流石にジャンプに失敗したことはなさそう。子供たちからしてみたら「なんで自分たちの上を怖いおっさんが飛んでいくんだ!」といった気持なのかもしれませんね。長田雄次も子供出来たらスペイン行こうかな^^
2013/06/04  流離の長田雄次ブログ
長田雄次と610億円の当選者の心境
宝くじを買ったことがありますか?長田雄次は時々宝くじを買いますが、今までの最高額は3000円という何とも低い結果に終わっています。ところが、今アメリカでは約6億ドル、日本円にして610億円の当選が出たそうです。この宝くじはフロリダ州のスーパーで販売されたことがわかっているのですが、まだ、当選者が名乗り出ていないそうです。ですがこれは無理もないと思います。この宝くじの当選確率は1億7500万分の1という天文学的確率です。もし長田雄次が持ち主であったならば「夢ではなかろうか」「これは本物なのだろうか」「ドッキリではなかろうか」となるでしょう。特にアメリカという国はこのようなドッキリを平気で敢行するおそろしい国ですからね。ですから、当選者はまだ信じていないのではないでしょうか。単純計算で当選者が30代だとして、80歳で生涯を閉じるとします。610億円を50で割ります。そうしますと1年間に12.2億円使用することができるということがわかります。まさに「一生遊んで暮らせる金額」ですね。こんな金額が努力もしないで手に入れられるとなったら確かに信用しろという方が無理があります。確か引換えには期間があったと思います。当選者の方はお早めに…。
2013/05/21  流離の長田雄次ブログ


ブログ新聞maker
この新聞は ブログ新聞maker で作成しています。