長田雄次のわんわんブログ


長田雄次は老後は大事な家族と過ごしたい
犬のいる生活といない生活。長田雄次は犬のいない国なんて考えられません。それは自分が犬好きだからかもしれません。誰かがそばにいることがどれだけ心強いかを長田雄次自身知っているからかもしれません。長田雄次は犬のいない生活は想像できません。今日は、年を取った時、長田雄次が夢見る理想の生活です。Cesar: Love Them Back - 2013 Advertあるところに住む老人と犬。広い家に一人と一匹で暮らしています。一緒に食事を摂り、町に行って花を買います。さて、それは誰に買った花なのでしょう?老人と犬の長年連れ添ったもの同士の似通った動作が何ともコミカルですが、とても感動的な動画です。犬と人を決して別のものとして考えないで、一家族として捉えていると言っても良いでしょう。もしこれが、おじいさん一人が映っているだけのものだったら、きっと悲しいお話だったと思います。別に特筆すべき物語がこの中にあるわけではありません。ただ、犬がいる。ただ、それだけなんです。この動画はドッグフードのCMとして海外で使われたものです。60秒の短い映像の中にこれほどまでの感動を詰め込んだ作品はそうありはしないでしょう。いつか、長田雄次もこんな家族と一生を添い遂げたいものです。
2013/08/05  長田雄次のわんわんブログ

長田雄次は無知は悪だとは思わない
人間は知識がありますから、影や鏡に対して恐怖心や不思議だと思うことはありません。逆に知識のない、生まれたての赤ちゃんの時の長田雄次は、鏡を見せるたびに自分の顔を見て泣きだしたそうです。長田…そんなに顔怖かったのでしょうか…?今日はそんな不思議なものに出会った犬たちを紹介しましょう。Funny dog tries to stomp out his shadow.Decisive dog chases its own shadowDog vs. mirrorAnimals vs Mirrors Compilation子供のころはなんで鏡に自分の姿が映るのかもよく判らずに「そうゆうもんだ」というように認識してましたよね。でも、予備知識も何もないなら不思議だと、怖いものだと思うのも無理はないかもしれません。ちょっとかわいそうな気もしますけどねf(^^;夏の日差しでくっきりと影が出来るようになってきました。夏は入道雲と日差しと影が素敵なコントラストを作る季節ですもんね。
2013/07/31  長田雄次のわんわんブログ
長田雄次は夏だからこそ雪が恋しくなる
長田雄次のわんわんブログ この時期になると以上に雪が恋しくなる長田雄次です。暑い夏だからこそ、雪にダイブしたくなる。体の芯から寒くなりたい(長田雄次Mではありませんよ?)さて、雪と言ったら真っ先に思い浮かぶのがアラスカ。アラスカに住む犬は気高く、雄々しく、寒さに強いイメージですよね。というわけで本日はアラスカン・マラミュートをご紹介しましょう。アラスカン・マラミュートシベリアン・ハスキーと間違われることが多いですが、実はかなり違う特徴を有しています。アラスカ西部に暮らすエスキモーに飼育されていた労働犬でそり引きや狩猟、漁業に従事していました。18世紀に入ってから、寒さの中で活動する彼らの姿を見た白人が驚きのまなざしを持って文明圏に紹介をしたことで知られることになりました。犬ぞりでは優秀な成績を収め、たくさんの種と交配する事となりました。一度はアラスカン・マラミュートの血統は数を減らすことになりはしましたが、愛好家の手によって改良されることになりました。アラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーの違いはいくつかあります。マラミュートは大型犬、ハスキーは中型犬であること耳と耳の距離がマラミュートは遠く、ハスキーは近い目の色はマラミュートがブラウン、ハスキーはブラウンかブルー尾はマラミュートは太く上向き、ハスキーは下向き二匹を並べると一目瞭然です。二匹とも筋肉質で、白と黒の色がとても似合うと思いますが、全然違うんですよ?アラスカン・マラミュートの子犬Alaskan Malamute first snow experienceやっぱりアラスカン・マラミュートは雪の中で走り回っている方がかっこいい。男のロマンというか…雪をまとわりつけた姿で長田雄次の胸に飛び込んでもらいたい。寒さ吹っ飛ぶ気がするよ…。
2013/07/23  長田雄次のわんわんブログ


長田雄次は夏だからこそ雪が恋しくなる
この時期になると以上に雪が恋しくなる長田雄次です。暑い夏だからこそ、雪にダイブしたくなる。体の芯から寒くなりたい(長田雄次Mではありませんよ?)さて、雪と言ったら真っ先に思い浮かぶのがアラスカ。アラスカに住む犬は気高く、雄々しく、寒さに強いイメージですよね。というわけで本日はアラスカン・マラミュートをご紹介しましょう。アラスカン・マラミュートシベリアン・ハスキーと間違われることが多いですが、実はかなり違う特徴を有しています。アラスカ西部に暮らすエスキモーに飼育されていた労働犬でそり引きや狩猟、漁業に従事していました。18世紀に入ってから、寒さの中で活動する彼らの姿を見た白人が驚きのまなざしを持って文明圏に紹介をしたことで知られることになりました。犬ぞりでは優秀な成績を収め、たくさんの種と交配する事となりました。一度はアラスカン・マラミュートの血統は数を減らすことになりはしましたが、愛好家の手によって改良されることになりました。アラスカン・マラミュートとシベリアン・ハスキーの違いはいくつかあります。マラミュートは大型犬、ハスキーは中型犬であること耳と耳の距離がマラミュートは遠く、ハスキーは近い目の色はマラミュートがブラウン、ハスキーはブラウンかブルー尾はマラミュートは太く上向き、ハスキーは下向き二匹を並べると一目瞭然です。二匹とも筋肉質で、白と黒の色がとても似合うと思いますが、全然違うんですよ?アラスカン・マラミュートの子犬Alaskan Malamute first snow experienceやっぱりアラスカン・マラミュートは雪の中で走り回っている方がかっこいい。男のロマンというか…雪をまとわりつけた姿で長田雄次の胸に飛び込んでもらいたい。寒さ吹っ飛ぶ気がするよ…。
2013/07/23  長田雄次のわんわんブログ
長田雄次の気にしてもらいたい犬の熱中症について
7月に入り、気温の高い日が続いています連日ニュースでは熱中症のニュースが続き、亡くなった人もいると聞きました。ですが、暑さは人だけでなく動物にも等しく襲い掛かってくることを忘れてはいけません。ベビーカーに乗る子供同様、地面の近くで生活する動物たちにとってコンクリートの照り返しは体温の上昇を促進させます。また、犬は人間と違って皮膚から水分を蒸発させることはほとんど出来ず、舌を出すことによって体温を調整しようとします。そのため体温の調節には非効率といえるでしょう。そんな彼らの声にならない訴えを世話をする人たちは聞き取らなくてはならないと長田雄次は思います。先にも言いましたが、犬は体温調節のために舌を出してよだれを蒸発させます。その際に、バンティングと呼ばれる呼吸を行うのですが、それでも体温の上昇が改善されないようですと最悪の場合は呼吸困難や吐血などの症状を起こします。そのため締め切った車内でのお留守番は大変危険です。命の危険もあるのです。締め切った、暑い場所は犬の健康を妨げるものであることを重々理解し、「人ならこれくらい我慢できるから大丈夫だろう」といった判断は慎む必要があります。また、コンクリートや屋外での散歩にも注意が必要です。照り返しはもちろんのこと、夏の昼の地面は50度以上にもなるといわれています。犬は足の裏の肉球に汗腺があります。暑く熱されたコンクリートの上を歩くことでやけどをし、より体温調節が難しくなる可能性もありますからね。そのため、散歩に行く際は夕方以降にしてあげるのがよいでしょう。時々、町を歩いているとお昼の時間に犬を散歩させている奥さんとすれ違います。水分補給をさせながらというように見受けられるのですが、コンクリートの暑さは変わりません。もう少し犬のキモチを考えてもらいたいものです。
2013/07/19  長田雄次のわんわんブログ



ブログ新聞maker
この新聞は ブログ新聞maker で作成しています。